あめやえいたろう「板あめ羽一衣」は、インスタジェニックな可愛い和菓子!

あめやえいたろう「板あめ羽一衣」は、インスタジェニックな可愛い和菓子!

あめやえいたろうは、江戸時代から続く老舗の「榮太樓總本鋪」から派生した飴のブランド。

榮太樓總本鋪では、鍋で高温で炊き上げてできる「有平糖(あるへいとう)」をベースにしていますが、あめやえいたろうでは、伝統を受け継ぎつつも新しいあめのあり方に挑戦しているそうです。

伝統を守りつつ進化させていくには、新しい取り組みが必要であるものの、ブランドイメージを壊すわけにはいかない場合に、派生ブランドを作るのは、ファッションブランドでもよくありますよね。ChloeとSEE BY CHLOEやRalph LaurenとPOLOみたいな。ファンは、伝統ある方を好きで居続けるという方もいるでしょうし、革新的なものを好んだり、お手軽なものを好んだり、楽しみ方は自由。

ちなみに、私は後者の方が好みです。

板あめ羽一衣(はねひとえ)

あめやえいたろうには、可愛いあめがたくさんありますが、今回、東京手みやげ食べくらべ会で試食したのは「板あめ羽一衣」。

これは、有平糖を板状にしたあめだそうですが、一瞬「これは何?」と思いました。Instagramで「お餅かと思った」とコメントくださる方もいらっしゃいましたし、板ガムのようにも見えるし、ラムネのようにも見える気がします。

飴が平たいという違和感と、見た目の可愛さがいいですよね。フォトジェニック、インスタジェニックに仕上げるために、赤い紐で少しアレンジしました。

 

それぞれのお味は下記。

HPより拝借

[ ミント ]
口の中に爽やかに溶けるミントは、青い空の色。

[ ストロベリー ]
選び抜かれたイチゴだけを使用したこだわりのストロベリーは、愛らしいピンク色。

[ ヨーグルト ]
さっぱりした酸味のヨーグルトは、雪のような白。

[ キャラメル ]
ほろ苦さのあるキャラメルは、落ち着きのキャラメル色。

 

取り扱い店舗は、伊勢丹新宿店と銀座三越店。オンラインでも販売商品はありますが、板あめ羽一衣は取り扱いがないようです(2015年9月現在)。価格は、各1パッケージ(5枚入)で378円。

ポリポリという食感も面白く、見た目も可愛いですし、ついInstagramにアップしたくなる和菓子でした!

 

あめやえいたろう
指名買いされる和菓子のテーブルコーディネート ―東京手みやげ食べくらべ会

参加者投票ランキングの結果

【同率1位】
久寿もち(日本橋長門・日本橋)10ポイント
黒船どらやき(黒船・自由が丘)10ポイント

【2位】  
かりんとう(ゆしま花月・湯島)8ポイント

【同率3位】
板あめ羽一衣 (Ameya Eitaro・銀座)4ポイント
もなか  (瑞穂・神宮前)4ポイント
あんみつ(あんみつみはし・上野)4ポイント

【4位】
揚げまんじゅう(竹むら・神田須田町)3ポイント

【5位】
利休ふやき(菓匠菊屋・南青山) 2ポイント