【映画】もうひとりのシェイクスピア

【映画】もうひとりのシェイクスピア

よくわからず観ましたが、よくわからなかったです…

「もうひとりのシェイクスピア」は邦題で、原題は「Anonymous」つまり「匿名」。

史上最高の劇作家ウィリアム・シェイクスピア。しかし、その生涯は謎に包まれている。彼が残した戯曲37作品、ソネット154篇、物語詩数篇は英語における究極の表現として知られる。にも関わらず、シェイクスピア本人による自筆の原稿はこの400年もの間、何ひとつ見つかっていない。もしかしたら作家としてのシェイクスピアは存在せず、傑作といわれる戯曲、詩の数々の作者は別にいたのではないか?

というフィクション。

フィクションにしてはリアリティがありました。
歴史を勉強しなおしてから観ないと全ての意味がわからなさそうですが、面白かったです。