ドクターシーラボのエステアップキャビで、下半身痩せする!再宣言

ドクターシーラボのエステアップキャビで、下半身痩せする!再宣言

去年、3社のエステに通い、50万円使って下半身ダイエットに成功しました。

あれから1年。

気をつけてはいるのですが、やはりダイエット活動を継続しないと太ってきてしまうため、再度頑張ることにしました。ただ、ストイックすぎるものではなく、ゆるやかめで。

当時、52Kg(163cm)まで体重が増えてしまい、さらに30歳を迎えたあたりから、お肉の付き方が「若い時と違う」感覚があって恐ろしくなったんです。

まさか500円のワンコインお手軽エステ体験から、50万円の支出にまでつながるとは夢にも思わなかったのですが、ダイエットに関する様々な理論を知るにつれ、奥深くて面白くて、やめられなくなったんですよね。

最初から「痩せるためなら、いくらでも払う」と思ってたワケでは全くないんですよ。「ここでやめたらモッタイナイですよ」という言葉にすごい説得力を感じてしまったし、理論通りやれば少しずつ結果が出るのが楽しくて…

この話をすると、「カモだね」とか「まんまとワナにはめられたね」とか、多くの同情?のお声をいただきましたが、あと50年くらいもう若くない人生が続くと思うので、人柱となってダイエット理論を知ってよかったと思っています。(でも50万は高すぎた)

  

ちなみに、目標体重が45Kg(163cm)だったので、50万円払って死ぬ気で7Kg落としたのですが、単価にすると「1Kg落とすのに、約7万円」かかってるわけですね。恐ろしい・・・

ついでにいうと、「彼のため♡」とかそんな健気な理由のダイエットではなく、完全に自分との闘いだけのためです。ダイエット中に「それ以上痩せる必要があるのか」と色んな人に言われましたが、自己ベスト時のいい状態を知ってると、太ってしまった今が気持ち悪くてツライのです。

さて。

ここでのダイエット理論

ダイエットは食事のコントロールが大きな割合をしめますが、そこらへんはいったんゆるやかに無視して、エステアップキャビを使って下半身痩せするための私のダイエット理論はこちらです。


1.脂肪を破壊し
2.破壊された脂肪(=老廃物)をリンパマッサージで流し
3.筋肉を鍛える

まずこの大事なこの「3ループ」を覚えて、読み進めていただけると良いかと思います。

※暴食してたらさすがに痩せないですよ~

キャビテーションは「メスを使わない脂肪吸引」と言われてます

エステに通っていたとき、メスを使わない脂肪吸引、というキャッチコピーを聞いたら試さずにはいられませんでした。なんならメス入れてもいいと思ってるくらいなのに、メスを使わないというなら、やらない選択肢があるわけない!

メスを使わない脂肪吸引というキャビテーションって、どういうコトなのかというと「脂肪を破壊する超音波」なのです。

超音波を脂肪にあてることで、脂肪細胞が沸騰したような状態になり、溶けて柔らかくなり乳化します。「破壊」とか「沸騰」とか衝撃的なワードがありますが、全く痛みは感じません。

▼水に浮かせた油が、乳化で水と混ざる下記イメージ動画がわかりやすいと思います。

しかし、注意しなければいけないのは、この乳化させた脂肪をそのままにしておいては元に戻るため、リンパマッサージで老廃物となった脂肪を排出しないといけないという点です。

「キャビテーション痩せないじゃん!」と言ってる人…

上記のとおり、

キャビテーション(以下、キャビ)は、脂肪を破壊し、乳化させる

というものなので、実際キャビを当てたあとは脂肪が柔らかくなります。でも、それだけ

この理論をご存じない方が、キャビを当ててマッサージなどをせずそのままにして、時間がたったら脂肪が固まり元の場所にくっつき、「キャビテーションやっても痩せない」と言ってるのだと思われます。

実際、エステでキャビテーションを受けた人は必ずマッサージもセットになっているはずなので、効果が高いと思ってらっしゃる方が多いのではと思います。

キャビの後は、必ずリンパマッサージ

これを理解して、ダイエットを進めましょう。

ドクターシーラボのエステアップキャビを見ていきます

このキャビテーションにかける私の熱い想いが届いたのか、このたび、ドクターシーラボさんよりサンプリングでエステアップキャビをご提供いただく機会に恵まれましたので、ガシガシ使ってまいりたいと思います。ワーイ!

ずっとホームエステ用のキャビテーションを買おうと悩んでたので、ホントに嬉しい。

では、お待たせしました。下記がエステアップキャビです。

▼お風呂でも使えるようになっているので、コードレス
IMG_3166.JPG

▼分厚い
IMG_3173.JPG

▼ボディ用引きしめ保湿ゲルもいただきました!案外、引きしめジェルって侮れないんですよ
IMG_3232.JPG

▼ボタンは3つ。青色ランプがレベル弱(1)
IMG_3275.JPG

▼黄色ランプはレベル2(中)
IMG_3276.JPG

▼赤ランプはレベル3(強)
IMG_3277.JPG

【ボタンの種類】
・CV・・・キャビテーション。レベル調整不可
・RF・・・温感。レベル3段階
・EMS・・・マッサージ。レベル3段階

  

顔用のエステアップ4と同じゴールドのボディ。私はこの色に対してあまり意見はないのですが、ゴールドすぎるという口コミをちらほら見かけるので、あまり女子的な評判はよくないようです。

シーラボ様、次回出すなら万人受けするパールホワイトあたりがいいと思いますよ。

コードレスについて

IMG_3186.JPG

実は、私、コードレスタイプはあまり好きではありません。

というのも、充電する時間が面倒だし、なによりパワー不足が気になります。エステの機械でコードレスのものを見たことがありません。ごっつくてめちゃくちゃ電気を食いそうなマシンばかりです。

痩せるには、それくらいのエネルギー(電気)が必要なんだな、と思ったものです。

掃除機だって業務用はしっかりコードついてますよね。お手軽ハンディタイプは、ちょっとした日々の掃除には適していますが、大掃除したい時はコードがついたダイソン使いたくなりますよね。(ならない?)

カラダの大掃除をしようとして、必死に痩せようと息巻いてる私にとって、コードレスだと物足りなさを感じてしまうのです。。でもまぁ持ってみたらけっこう重量あるし、きっとパワーはあるのでしょう。(と思いたい)

ただ、このキャビについてはコードレスがいいと思っています。(あっさり意見変えるのか)

なぜかというと、コードレスであれば、ジェルなしでお風呂で使えるから。

こういった美容機器はジェルが必要なものが多くて、ランニングコストがバカにならないんですよね。

@コスメや楽天などのクチコミを見ても、ジェルが必要な美容機器を購入したもののジェルを買い続けるのに断念し、ジェルが必要ないものに移行しているケースをよく見かけます。もちろん、私もランニングコストが大嫌いです。

このキャビはお風呂で使う分にはジェルは必要なく、水に濡らして使うことができるのです!これは、大きいポイントです。

(シーラボさんとしては、キャビはおまけで、ジェルの方を継続販売して利益を得ていくことを想定しているのかもしれませんが、こういうのって女性はシビアですよね)

エステアップキャビ

キャビテーション機能について

公式サイトには1秒間に32万回の超音波とありますが、それはすごいのかすごくないのかわかりません…いつものことながらシーラボさんは、説明書にも細かい周波数などの表記はありません。

色々調べてみるとキャビで重要視すべきなのは、周波数だったりパワーだったりで、周波数に関してはエステなどでは40khzのキャビテーションが多いらしいです。

ただ肥満度によって周波数は変える方が効果的だそうで、それはこういったホームエステでは対応できる感じではないような気がします。オーダーメイドダイエットの効果が欲しい場合は大金はたいてエステへ行きましょう。

※参考:本格エステ・キャビテーションダイエットの専門店
※参考:自由が丘整骨院

RFについて

ラジオ波ですね。

これもエステでよく使われますが、エステだけではなく医療分野にも広く使用されている高周波の電磁波です。すごくざっくりいうと、電子レンジで食品を温めるというような感じで、人間のカラダを温めることができます。(でも電子レンジとは全然違うものらしいのでご安心を)

高周波を当てることでカラダの中を温め脂肪燃焼を促進し、血行やリンパの流れも促進します。

エステも他の美容機器もキャビテーションとラジオ波はだいたいセットになっています。

キャビとの違いは、キャビは超音波で比較的皮膚に近いところの脂肪を破壊するのに対し、ラジオ波は電磁波でカラダの奥をゆっくり温める、ということ。

即効性を求めるならキャビですね。

ラジオ波はカラダを中から温めてくれるので、冷え性などにもいいですよね。万年カラダが冷えている女性は多いと思うので、このラジオ波だけでも地道に当て続けるといいと思います。

私も冷え性で困っていたので、これは助かる。

ご存知かと思いますが、冷え性っていうのは太るんですよ。冷えると血流やリンパの流れが弱まるので、老廃物が体に蓄積されていくわけです。

勘のいい方ならもうお気づきでしょうが、キャビで脂肪を破壊しラジオ波でカラダを温めて、マッサージで老廃物を流していきましょう、というダイエット方法がよいという話をしているのに、冷え性というのは全てその反対のことが行われるわけです。

冷え性はダイエットの天敵デス。

EMSについて

以前、EMSについてはガッツリ書いたので、EMS自体は下記をご覧いただければ。

ドクターシーラボのリフトアップEMS美顔器 エステアップ4は、エントリー機としておススメです。

  

下記、話をややこしくしますので、気になる方だけご覧ください。

なぜ、エステアップキャビは、「キャビ+ラジオ波+EMS」なのか。

さて、冒頭に書いたダイエット理論覚えていますか?

1.脂肪を破壊し
2.破壊された脂肪(=老廃物)をリンパマッサージで流し
3.筋肉を鍛える

ですね。

ちゃんとダイエットしたくても、このドクターシーラボのエステアップキャビは、2の「破壊された脂肪(=老廃物)をリンパマッサージ」が抜け落ちています。EMSは、3の「筋肉を鍛える」になります。

まぁでも仕方ないです。ひとつで全てまかなえるなんてモノは、まだないのです。でも皆さん、ムシのいい話好きですよね?もちろん私も好きです。ラクなのがいいに決まってる。だからEMSがセットになってるんじゃないかなぁと思ってます。

シーラボの説明書では、「EMSをマッサージ」と表現しています。サイトでは、「流して引きしめる」と。

確かに理論は、エステ理論と同じなのですが、EMSに「マッサージして流す力はない」んじゃないかなぁと思うのです。(引きしめる効果はあると思いますよ。)

だって、オールハンドエステのマッサージがヤバかったんですもん。かつて受けたことのない痛みしかないんです。マッサージ=気持ちいいなんて皆無。とにかく叩いて肉を柔らかくして力いっぱいリンパを流していくんです。

ものすごい力なので、もちろん自分であのマッサージを再現することはできないくらいのもので、私の感覚ではマッサージというとそういう「人間業(にんげんわざ)」なので、撫でてピリピリするEMS(しかもおそらく低周波)が、老廃物を流すマッサージとイコールにならないんですよね。

なのでマッサージは、マッサージ師でもない容赦のないエステティシャン(オールハンドは、エルセーヌがおススメ)にやっていただくか、自分でハンドマッサージするか、リファカラットあたりがいいんじゃないかと思います。

  

というわけで、私はこのキャビについているEMSは使わず独自の方法でダイエットしていきます。

つづく

長くなってしまったので、エステアップキャビを使ったダイエットは次回に。

ちなみにエステは分割払いをしていて、やっと先月に支払いが全てが終了しましたが、すでにベスト体重から3Kg増えました(涙涙涙)。なので、エステで大金はたいたところで、元に戻ってしまうのでホームケアが大事なのです。

今、身を持って悲しんでいます。

  

▼商品詳細はこちら
エステアップキャビ

▼つづき
1回でふくらはぎマイナス4mm!ドクターシーラボのエステアップキャビ

レビューズサンプリングキャンペーン参加中