【読書】ジョルジオ・アルマーニ 帝王の美学

【読書】ジョルジオ・アルマーニ 帝王の美学

ジョルジオ・アルマーニってイケメンですが、
顔に厳格な性格が出てますね。

彼って完全すぎるまでの完璧主義。

そこまでの意志があるから、帝王や暴君と呼ばれ、
そしてイタリア一の高額納税者になったそう。

ただただ、すごい人だなと。
帝王という言葉がぴったり。

ダサい感想ですが、きっと上司だったら
怖すぎて一緒に仕事なんてできない
なんて思いながら読んでました。。

シャネル、ラルフローレンの本を読んできたけど、
彼、彼女らと比べてもきっと一番の頑固者。

シャネルとアルマーニが並んだら、
泣く子もだまりそう。

 

ブランドって

どのブランドも
ただの洋服屋さんじゃないことは明らか。

洋服から始まり、アクセサリーや
インテリアまで事業は広がる。

有名なブランドの多くは、
時代の流れを変えたパワーがあった。

いや、時代が大きく変わろうとしていた時に
たまたま「ファッション」というツールで

頑固なまでに自分のスタイルを突き通し、
人々に感動や影響を与えた人が、
ブランドになった。

  

今の時代だったら、
ビルゲイツやスティーブジョブス、
マークザッカ―バーグかな。

私は、IT企業で働いてて
今や完全にSNSを駆使してますが、
憧れるのはファッションや映画の世界。

でも生ぬるさのかけらもない人たちの伝記を読んだので、
その世界に夢や妄想はありません。

どうやったら彼らみたいに強く生きることができるのかな、
多くの人に共感を得られる仕事ができるのかな、
と思い悩んじゃう今日このごろです。

  

Tags: