ひろしま 山里の美味しい料理・珍味・地酒。 

ひろしま 山里の美味しい料理・珍味・地酒。 

ひろしま神楽プレスツアーで宿泊した神楽門前湯治村でいただいた、朝ごはんと夜ごはん。

鹿肉やいのしし肉などの珍しい料理、地元で採れた新鮮な野菜や自家製の豆腐を使った料理など、山里ならではの美味・珍味でお腹いっぱい!

神楽門前湯治村 ふくすけの朝ごはん

こちらの建物内です。
IMG_7450

ツルの恩返し時代な感じがなんとも、素敵。
IMG_7460

IMG_7464

▼○○様と名前が入ったメッセージが。お米、味噌、干物などは購入できるそうです。
IMG_7480

▼予約時間にいくとすでにセットされていたのが、うれし~◎(待つのが苦手)
IMG_7478

▼なかなか食べる機会のない干物。いい感じで焼けました。
IMG_7494

IMG_7498

素朴な朝食はほっとします。

普段はヨーグルト・バナナ・ナッツ・ノンシュガーグラノーラが定番の朝ごはんですが、やっぱり和食もいいですよね。

写真でみるとそんなに量があるようには見えないのですが、けっこう量は多めです。美味しかったのでついほとんど食べてしまいました… ご飯の量は自分で調整できるのが、よかったです。欲を言えば玄米が食べたい!

ふくすけの夜ごはん

続いて「お祭りごっつお膳」という夜ごはん。

次は同じ場所の2階へあがります。
IMG_7937

本当は夜にいただく食事なのですが、私たちは夕方には広島を出るというスケジュールだったので、お昼にいただきました。ものすごい量で食べきれなかったのですが、お客様に対してあえて多くお出しするというのがここの礼儀なんだそうです。

IMG_7924

お祭りごっつお膳

ごっつおとは、ご馳走の意味。

安芸高田市北部では、秋祭りにおもてなしに山里の幸を使った手料理をふるまっていたそうなのですが、それを湯治村風に仕立てたご馳走が、ごっつお膳としてふるまわれます。

お部屋で時代劇みたいに食べるのははじめて!

まずは一の膳からいくつかPIUK UP

▼お祭り用「造り」
こちらワニとたこ。ワニとはサメのことなんですって!生姜醤油で。なかなか舌がオトナになれない私にはちょっとオトナなお刺身でした…。はやくオトナになりたい。
IMG_7894

▼もぐり寿司
野菜や山菜を中心に使ったいわばちらし寿司。もぐるとは、混ぜるの意味だそう。
IMG_7865

続いて、二の膳

▼天ぷら
めちゃくちゃおいしい!揚げ物大好き。
IMG_7909

▼茶わん蒸し
なんとお餅が入っているのですが、合う!昔、安芸高田市ではもち米の生産量が多かったことから、お餅をふるまうことが多い土地柄なんだとか。茶わん蒸し大好きなので嬉しい。
IMG_7922

最後に、三の膳

▼山女魚の塩焼き
おいしそうな絵!もちろんかぶりつきました♡
IMG_7901

▼猪肉味噌漬け
初、いのししかも。味噌の味でクセがないのか、おいしい。
IMG_7916

▼鹿肉の燻製と、大根なます
どちらも地元産。鹿肉も食べやすい。
IMG_7911

地酒

IMG_7919

お土産コーナーにあった地酒がおいしそうだという話をしていたら、なんといただいてしまいました。おねだりしてしまったみたいですみません(><)全部飲みます!

隣に座っていたジェフさんと一緒にいただきました。飲みやすくて、お料理とよく合います。しあわせ~

IMG_7654

「神変奇特酒(しんぺんきどくしゅ)」という神楽門前湯治村でしか買えない地酒。

神楽「大江山」の中で酒呑童子の魔力を弱らせ、頼光に力を与えた不思議な「神変奇特酒(しんぺんきどくしゅ)」。その名にあやかり、桑田産の米(コシヒカリ)と地下水で仕込んだ飲み口さわやかな地酒。

感想

IMG_7933

料理とは関係ないですが、色んなお花が色んな場所にそっと置いてあって、こういうのけっこう嬉しくなります。

以前仕事で旅行会社様のプロモーションをお手伝いさせていただいた時に、「旅行にいったらどんな食事が食べたいですか?というアンケートを取ったことがあるのですが、ダントツ1位は「そこでしか食べられない地産地消の料理」という回答でした。

やっぱり、ここでしか食べられないお料理って価値があります。

神楽門前湯治村では試行錯誤を重ね、どんな料理でどんな歴史があるものなのかを伝えるために、このような冊子をつけるようにしたそう。

IMG_7888

読みながらいただくと、へ~と思うことばかりで何も知らずにいただくのとは大違い。旅ならではのプライスレスな食事になりました。

今回体験したツアーはこちら

ひろしま安芸高田神楽鑑賞ツアー

この記事は、広島県安芸高田市神楽鑑賞プレスツアーに参加させていただいた旅行記です。

Tags: