1回でふくらはぎマイナス4mm!ドクターシーラボのエステアップキャビ

1回でふくらはぎマイナス4mm!ドクターシーラボのエステアップキャビ

ドクターシーラボさんからサンプリングでいただいた、エステアップキャビ。

たった1回でふくらはぎが4mm痩せました!

キャビテーションについては、こちらに詳しく書きましたので気になる方はご覧くださいね。

■はじめに
以前3社のエステに通っていて、それぞれのダイエット理論を吸収し、ある程度自己流にアレンジして理解・実践してますので、ダイエットに関する記事は個人の見解だと思って読んでいただければ幸いです^^自分に合わないなと思ったらスルーしてくださいっ

さて、キャビテーションの魅力はなんといっても、即効性があること。

そしてダイエットに求めたいのはもちろん即効性。だけど脂肪吸引はリスクが多そう。となれば、キャビをやらずして何をやる?という私の結論です。

以前、体験エステに行った際、ものすごく太い太ももの方(失礼)が数回でかなり細くなっているモニター写真を拝見したのですが、特に脂肪が多い方ほど実感しやすいのがキャビテーションなんです。

ただし!

業務用と、このホームエステ用のキャビはパワーが違うのと、エステではキャビのあとしっかりマッサージで脂肪を押し流してくれるので、自分でやるのとはかなり差があることに注意してくださいね。

前回の記事でも書きましたが、キャビテーションは脂肪を沸騰させたような状態にし、トロトロにするものですが、そのまま何もしなければ脂肪が元の場所にくっつくだけなので意味がないのです。トロトロにしたあとに、リンパマッサージでしっかりと老廃物を回収してくれるゴミポケット(リンパ節)に流し込む必要があります。

例えば、ふくらはぎの脂肪をキャビテーションで溶かした後は、ヒザ裏がゴミポケットになるので、そこに流していきましょう。基本は心臓へ向かって、です。

リンパの場所は、下記サイトの画像がわかりやすいかも。

リンパ節とリンパの流れを覚えよう

というわけで。

エステアップキャビを、ふくらはぎに使ってみました

▼このように使います。
IMG_3287.JPG

 

▼セットでいただいた、ボディ用引きしめ保湿ゲルを使います
IMG_3311.JPG

 

▼ふくらはぎのサイズ、34.2㎝からスタート
IMG_3309.JPG

 

▼キャビテーションで脂肪をトロトロにしていきます
IMG_20150704_142226.jpg

 

ここで、いったん私の使い方を説明します。

EMSは使わない

このエステアップキャビには、下記の3つの機能がついています。

・キャビ(脂肪を溶かす)
・RF(ラジオ波、皮膚の奥を温める)
・EMS(筋肉のマッサージ)

口コミを見るとピリピリしていたいというコメントがありますが、主にピリピリするのはEMSです。私はしっかり体を温めながら脂肪を溶かしたいので、EMSはつけずに使っています。

このエステアップキャビで重要視しているのは、キャビ+RFです。中途半端(失礼)なEMSでピリピリして痛くてしっかり使えないよりは、いっそのことEMSは外しちゃった方がいいのです。(でもEMSを外しても、長く押し当てるとピリピリするのはなんでかな・・?)ここで頑張ってEMSを我慢する必要はないと思っています。

主にお風呂の湯船の中で使っているのですが、じーーーっくり当てると、痛さは感じずジリジリジリジリと皮膚の奥に訴えかけている超音波かラジオ波を感じることができます。(気のせいじゃないといいけど…)きっと脂肪が沸騰しているような状態になってるんだろうなーと思いこんでいます。(プラシーボ大事)

最後まで読んでいただくとわかりますが、エステアップキャビのEMS(おそらく低周波)は使いませんが、自分で持っている別の高周波EMSは使います。EMSは低周波と高周波のものがあり、私は体の芯から鍛えたいので高周波を使います。EMSについてはこちらに色々書いてます

もう一度おさらい

前の記事を読んでいただくとわかるのですが、キャビダイエット理論は、

1.脂肪を破壊し
2.破壊された脂肪(=老廃物)をリンパマッサージで流し
3.筋肉を鍛える

の3ループが良いと思っています。

上記の、キャビ+RFは、「1.脂肪を破壊し」に該当しますので、エステアップキャビで10分間しっかりと脂肪を破壊します。

10分たったら、

マッサージをします

続いて、「2.破壊された脂肪(=老廃物)をリンパマッサージで流し」へ移ります。

▼心臓へ向かってリンパを流していくので、下から
IMG_3345.JPG

 

▼上に向かって
IMG_3346.JPG

 

▼ぎゅうっと!かなり力いれてます
IMG_3347.JPG

 

▼動画はこちら

 

ちなみに、マッサージは力が必要で疲れるので、MTG ReFa CARAT (リファカラット) PEC-L1706に頼ることも多いです。
IMG_20150712_153107.jpg

※モフモフしてるのはうちの犬。リファでマッサージされるのが好きな犬なので、リファを見つめてます。可愛い♡
※足首につけてるのはもうすぐ発売のウェアラブルデバイスMisfitです

結果、ふくらはぎマイナス4ミリ!

始める前は、34.2㎝だったふくらはぎが、たった1回で33.8㎝になりました!

▼ふくらはぎマイナス4ミリ!
IMG_3338.JPG

 

mm単位の結果をバカにしてはいけません、ダイエットはマイナス1mmから始まります。千里の道も一歩から。

もちろんキャビのおかげもあると思いますが、正直なとこ今までしっかりマッサージしてなかったのでむくみが取れただけの可能性もあります。さらに、エステだったらたぶんマイナス1~2㎝くらいは減ると思います。

実はですね、はじめたばかりの時ってけっこう減るんですよ。減らないのは2回目以降から。エステの体験で一回に2キロくらい落ちて、全身でマイナス数センチ痩せたので「これ、10回通ったらすごいことになるんじゃないか!」と思って、思い切って契約したのですが、停滞期ってホントにあるんです。

高いお金払っても減るどころか数グラムの体重が増えちゃうときもあるし、なかなか痩せていかない。

それを体験してるので、たかだかホームエステで(失礼)大きな効果が得られるとは思ってません。

が、マイナス4mmは素晴らしい!!

また数週間使ってみてレポします。

エステアップキャビ

 

忘れちゃいけないのは、このあと

おっと、まだありますよ。とはいえ、最悪ここは飛ばしてもいいです。

1.脂肪を破壊し
2.破壊された脂肪(=老廃物)をリンパマッサージで流し
3.筋肉を鍛える

の3ループのうち、「3.筋肉を鍛える」を忘れてはいけません。

EMSは筋肉を鍛える効果がありますが、このエステアップキャビについてるレベルのものでは期待できません。だってスーパーすごいEMSを色々体験してきたので、使えばわかります。

よって、私はボディ用の高周波EMSを持っているので、それをつけて筋肉を鍛えています。

ださいけど、これデス↓
【30分で-5cm】シェイプメイト

高級エステで受けられるEMSに引けを取らないレベルのもので、顔以外の全身につけられます。

というわけで、エステアップキャビで脂肪を溶かす⇒マッサージorリファで溶かした脂肪をゴミポケットへ流す⇒高周波EMSで筋肉をつけて代謝をあげ、さらにリンパや血行の流れをよくし、体に老廃物を溜めない仕組みを作ります。

ちょっとこのEMSつけてる姿はさすがに恥ずかしいので、写真はあげずにおきます…

 

「3ステップもあってめんどくさい!」

という方は、1と2だけやって、3についてはウォーキングに代替えでいきましょう。走らなくていいです、ウォーキングです。わざわざ歩くために出かけるのは面倒なので、通勤時に早く歩くことを意識し、エスカレータを使わず階段を使いましょう。

これだけダイエットを意識してる人が多いのに、駅の階段を使ってる人って少なくてホントに驚きます。。

ちなみにエステでは「乳酸がたまるので走らないでください」、と言われました。言われなくても、走るのは大の苦手なので走りません♪

 

▼詳細はこちら
エステアップキャビ

▼関連記事
ドクターシーラボのエステアップキャビで、下半身痩せする!再宣言

 

レビューズサンプリングキャンペーン参加中