ぶらぶらサタデーにも出た小菅農園のトマトが、甘くてすごい。

ぶらぶらサタデーにも出た小菅農園のトマトが、甘くてすごい。

茨城県ツアーで訪れた、小菅農園

タカトシが出てるぶらぶらサタデーにも出演した代表の小菅さんに案内いただき、特別にトマト農園を見せていただきました。テレビに取り上げられた後、人が殺到して大変だったそうで通常はこの農園に入ることはできませんが、今回このツアーをアテンドしてくださったTorishinさんのおかげで実現しました。

なかなか見ることができないトマト農園の中

IMG_9626

▼幼稚園のころに1度だけ行ったことがある、いちご狩りのビニールハウスに似てるかも。中はぽかぽかで温かい。
IMG_9630

▼トマトをひっくり返しうしろからスジが放射線状に、くっきりと出ているものが甘いトマトだそう。今度から選ぶ参考にしよう。
IMG_9643

そして早速、農園で栽培されているトマトを色々試食させていただきました。

霜降り 味一番フルーツトマト

IMG_9642

まず最初に試食させていただいたのが、味一番フルーツトマト。けっこうずっしり大きいです。実は私、フルーツトマトを食べたことがなく、まんまトマトをイメージして一口かじったらびっくり。甘い!いつも食べてる酸味の強すぎるトマトとは全然違って歯ごたえのある肉厚な甘いトマト。こんなにおいしいトマトがあったんだ、なんで知らなかったんだと恥ずかしくなりました。

えみちゃんトマト

▼トマトって可愛い・・・
IMG_9650

▼ひとつ収穫させていただきました。簡単に取れます。
IMG_9660

先ほどの味一番フルーツトマトはまた違って、もっと甘みが強い気がしました。トマトの嫌いな方にもオススメで、しかも栄養価が高くリコペンの量が既存の赤系ミニトマトと比較して約2倍だとか!

▼そうそう、ハチで受粉してるとのことでハチ出入口がありました。こういう段ボール箱があるものなんですね。驚き。
IMG_9659

さくらんぼトマト

IMG_9688

トマト独特のかための皮が苦手な方におススメなのが、このさくらんぼトマト。見た目からしても皮が薄そうですよね。「さわやかな酸味と甘味があり皮がほとんど感じられないのが特徴」とのこと。こちらも美味しかった!

IMG_9708

▼最後に「トマトの霜降り」という断面を見せていただき、また食べちゃいました。100%節水栽培により心室(種の部分)を増やすことにより、この霜降りの状態ができるそう。
IMG_9737

色々試食させていただき甘くておいしいものばかりで、トマトのイメージが変わりました。イチゴより断然甘い思ったほど!トマトでお腹いっぱいになったのですが、後悔のない満腹感って幸せ。だってかなりカラダに良さそうですよね!小菅さん、ありがとうございました。

トマトのおいしい時期

IMG_9667

私は夏だと思ってました。

でも実は、おおよそ3~6月ごろに収穫されるトマトが一番おいしいんですって!その理由は、朝と夜の寒暖の差。その差がトマトを鍛えるんだそう。

小菅農園のトマトは直売所で購入できます

IMG_9750

▼実際に販売してある場所へと連れていっていただいたのですが、すでに売り切れ!(日曜のお昼すぎ)
IMG_9768

▼ほとんど売切れの中、なんとか1種類発見。なんだかおしゃれ。
IMG_9758

▼トマト全種の案内。健ちゃんトマトが一番濃厚ということですね。
IMG_9764

毎日大人気でいつも売り切れるそうなので、地元の人でもなかなか買えないという究極のトマト。現状は通販の取り扱いは考えていないとのことなので、やっぱり現地に行くしかないです!

小菅農園公式サイト

⇒関連記事:「日本一魅力のない県」茨城県の魅力見つけたよ!

Tags: