絶対行きたかったブルックリンへ! ili TRAVELER [PR]

絶対行きたかったブルックリンへ! ili TRAVELER [PR]

ili TRAVELERとしてニューヨークに行った記事の続き。

[ニューヨーク記事一覧]
翻訳デバイスiliを持ってニューヨークへ!ili TRAVELER [PR]
ニューヨークひとり旅 王道観光! ili TRAVELER [PR]
絶対行きたかったブルックリンへ! ili TRAVELER [PR]
iliのおかげでニューヨーカーになれた -ili TRAVELER [PR]

#旅費はログバー社にご提供いただきました
#ブログも書いてますがインスタの方が頑張ってます!

-ili(イリー)を持って旅に出よう!- ili TRAVELER

iliを使って、ブルックリンのおすすめスポットを教えてもらいました!

翻訳デバイスili(イリー)を使って、ブルックリンにお住まいのTheda(シーダ)さんに、ブルックリンのおすすめフォトスポットを教えていただきました!

私は英語を話すことができないのですが、海外ドラマたくさん見てるおかげでヒアリングはちょっとできるので、なんとなくThedaさんの言っている意味が理解できました🙌

ブルックリンブリッジパークがおすすめだということで、撮影が終わったあと、その足で行きました!

#写真:ブルーの服を着てらっしゃるのがMelissaさんで、ノースリーブの服を着てらっしゃるのがThedaさんです。

ブルックリンブリッジパーク

ブルックリンブリッジパークではちーさく、ナマ自由の女神を見ることができました! トリミングせず、あえて本当の距離感を残してみました、見えますか笑

#金網の写真ではありません

自由の女神以外にも、マンハッタンやブルックリンブリッジを下からみることができて、とても眺めのいい場所でした♪

#小雨で激さむでした
#薄いコートでも寒い
#6月初旬

ここは、ブルックリンブリッジの中央真下あたりに位置するのですが、ブリッジへの登り方がわからず、このあと30分以上、ひとけのない道をブルックリン側に歩いて、ブリッジの入り口を探しました・・・

念願のブルックリンブリッジへ!

ブルックリンブリッジ

今回、絶対行きたかったのは、このブルックリンブリッジ!

ブルックリンブリッジは、マンハッタンとブルックリンを繋ぐ橋なので、どっちからでも行けるのですが、ご覧のとおり、ブルックリン側から来る人は少なめでした。

え?ここが入り口?ってくらい、なんてことない入り口で、戸惑いました。帰りはマンハッタン側から出たのですが、そちらの方が賑わってました^^

念願のブルックリンブリッジへ進むと、

ほんと、映画のワンシーンみたいですよね、ここ。きっと色んな映画に出てますよね。

もともと、このブルックリンブリッジって、どんよりした空の写真イメージだったので、このときばかりは、私の雨女ぶりに感謝しました。

せっかくなので、iliと記念撮影。

ili

私のニューヨークのイメージと言えば、タイムズスクエアでも自由の女神でもなく、ブルックリンブリッジ。なんでしょうねぇ、パリのルーブル美術館も感動しましたが、比較にならないくらい嬉しかった。絶対絶対たくさん写真撮りたくて、この橋には2時間くらいはいました(感激)

さて、念願の場所に来た時に実施したいことといえば、記念撮影。記念撮影は、ひとり旅で食事の次に悩むポイントでした。

New Yorkなどの観光地では、カメラを預けるとそのまま持って行ってしまわれることもあるみたいで、撮ってほしいときに声をかけるべきは、観光客っぽい人、というのをネットで勉強してました。

そして、その時がきました。

ひとり旅をしてるっぽい女性にカメラ渡されて撮ってほしい、と頼まれたので、ここぞ!とばかりに私も撮影を依頼しました。

iliを使って、「私の写真を撮ってくれますか?」

撮影成功です!

ただ、私の顔がアレすぎてそのままアップするのは気が引けたので、Lightroomで画質をレトロに仕上げました。姑息な手を使ってしまい申し訳ありません。

ニューヨーク撮ってて思ったのは、オレンジが似合う街だなー、というのが第一印象。私自身、けっこう自由に生きてますが、写真の作風ももっと自由にしたい!と、思ったニューヨーク旅行だったな。

ブルックリン在住者に教えていただいた、おすすめカフェ Slimak Brooklyn

今回のili Travelerの話が決まって、色々準備する中で、「ひとり旅でできることは限られる…現地で人と会わなければ!」とジタバタしていましたら、インスタで知り合ったブルックリン在住の Minako Davisさんに色々助けていただくことができました!

ここは、最近ブルックリンにできたおしゃれcafe、Slimak Brooklyn。

Minakoさんに連れて行ってもらったのですが、ここは観光客が行くような場所ではないそうで、生のブルックリンライフを間近で見て感じることができました。こういうのがいいですよね~♪

そして、色々ありまして、私が写真にこだわりがありすぎて、ブルックリンブリッジで撮っていただいたようなザ・観光写真では、どうしても我慢できなくて…。

Minakoさんのお友だちである、ニューヨークに長年住んでいらっしゃる日本人女性フォトグラファーのmai takenaka さんに、私を豆粒のように小さく写す「豆粒フォト」を撮っていただきました!

現地に溶け込むような、私が主張しない(=豆粒)のような写真が欲しかったんです。プロの方に、このような写真を依頼することにとても申し訳なさがあったのですが、快く撮ってくださり、本当に感謝でした・・・!!

Slimak Brooklynにて Photo by mai takenaka

 

やっぱり、背景の入れ方とか、構図とか上手だなぁ。本当に恐縮です。

ブルックリンの街並みというかお家がとっても可愛かったので、そこでも撮っていただきました!こんな外観のお家に住みたいです。

ブルックリンの街並みと私 Photo by mai takenaka

 

もちろんここでもiliの話をしたのですが、やっぱり皆さんの反応が面白い♪ iliに興味を持ってくださるので、一瞬だけ人気者になれます笑(案外、ここ大事)

 

[ニューヨーク記事一覧]
翻訳デバイスiliを持ってニューヨークへ!ili TRAVELER [PR]
ニューヨークひとり旅 王道観光! ili TRAVELER [PR]
絶対行きたかったブルックリンへ! ili TRAVELER [PR]
iliのおかげでニューヨーカーになれた -ili TRAVELER [PR]

#旅費はログバー社にご提供いただきました
#ブログも書いてますがインスタの方が頑張ってます!

-ili(イリー)を持って旅に出よう!- ili TRAVELER

The following two tabs change content below.
Weekdayはコンサルティング会社でWebメディアの記事編集・撮影等を担当。Weakendはよく作品撮りしてます! インスタは毎日更新中! @yocco.post