年始の目標がすでに計画倒れなので軌道修正。

年始の目標がすでに計画倒れなので軌道修正。

photo by “Sharon & Nikki McCutcheon”

プライベートといえど、PDCAを回していくことが大事ですよね。

▼年始にこんな目標をたてました。

    毎日
    1ページ以上の本を読む
    1行日記をつける

    最低、週に1回
    ブログを書く

    最低、月に1回
    新しいことにチャレンジする

    最低、1年に1回
    海外へ行く

「毎日1ページ以上の本を読む、1行日記をつける」、という目標が2月くらいから計画倒れとなっています。計画倒れの原因を追究し、軌道修正をしていきます。

「毎日1ページ以上の本を読む」ことができない

これがどうしてうまくいかないか。

最初は、寝る前に、枕元に置いている沢木耕太郎の深夜特急を数ページ読んでました。いい夢みれるかなあと思って。そしたら、そもそも私は沢木耕太郎の男臭いバックパック旅の仕方が好きになれなかった、という痛恨のチョイスミス。評判がよかったし、今年はたくさん旅に出たかったのでぴったりな本だと思ったのに、頑張って数冊読んでみたのですが、全く旅に行く気にならない。嫌な気分にさえなる。だから本を横目に、手を伸ばさず寝てしまうこともしばしば。

というわけで、本を変えてみて今さら「もしドラ」を選んでみました。そしたら読みやすいし面白かったので1ページで終わらずどんどん読み進めてしまい寝る時間が削られてしまうという失態をおかす。おかげで数日で読み終わりましたが、寝不足になってまで読む本ではない!

ここまでで気付いたこと。

本は寝る前に読むものじゃない。

それに気付けたのは大きな収穫。そもそも「1日1ページ読む」という目標にしたのは読書を習慣化したかったからで、毎日読んでいれば習慣化するだろうと思ったからです。そして、1ページなら毛布にくるまって寝る前がいいかな、という流れでしたがダメでした。

本をたくさん読みたいけど、つい後回しにしてしまう習慣を断ち切りたい。この方法がダメなら次の一手。

自分に本を読ませる方法を発見

今、仕事で世界の経済発展について調べることが多くなりまして、歴史をたどっていくと案外面白いんですね。そこで発見したネタで興味が出たものをどんどんAmazonで買っちゃうんです。GHQ関係とか、台湾の李さんの本とか。そうすると、もちろんどんどん配達されてきまして本がいたるところに転がってます。部屋はシンプルでできるだけ片付けているのですが、あえて本は転がしとくんです。

するとですね、もちろん片付けたくなるんですよ。
でも、せっかく買った本を読まずに捨てるということができない(モッタイナイから!)から、早く読むしかなくなるわけです。

自分に本を読ませる方法は、買った本を部屋に転がしたままにしておくこと

それにより今は週に1~3冊並行して読み進めることができているので、別に1日1ページじゃなくていいかなということで、目標を修正して「1週間に1~3冊読む」に変更します。

あ、そうそうスマホでキンドルアプリ入れて電車の中でも読んだりします。大前研一の本やコンサルティング業界についてを今読んでます。

「1行日記をつける」ことができない

何かを見て、1行日記をつけるといいとありました。

見返した時に毎日何を考えて何を行動していたかがわかるからいい、というんです。たしかにそれはいいなと思って目標にしました。目標を書いた時のブログを見返すと1日を大事にしたいと書いてました。

これは1日1ページ本を読むという目標よりは長く続きました。おそらく2カ月くらい。

なぜ今続いてないかというと、どこかのタイミングから「忘れた」だけです。大反省。でもきっとこの目標はまた忘れる気がするのと、毎日じゃなくても週1はブログ書いてるからそれだけでけっこう十分な気がしてきました。

今はカレンダーに毎週2~3の用事があるので、怠惰ですが今はその予定が1行日記の代わりです。

できていること

できていることは「週1回のブログ更新。月1回の新しいチャレンジ。年1回の海外旅行。」

簡単な目標しか達成できてないなぁ。やっぱり毎日何かを少しでもアップデートしたいな。

ちなみに4月の新しいチャレンジは、勝間塾への入塾。有名人サロンが流行ってるので体験してみたいなと思いまして。シナプスとか佐々木俊尚さんのとか、さとなおオープンラボとか色々検討したのですが、学びたいことと予算がマッチするのが老舗の勝間塾でした。広告やメディアだけじゃ足りないし、女子女子うたってるやつはなんか違うし、ゆるすぎるやつは意味がない。

勝間本と言われるものは1冊しか読んでないし、カツマーでもないのですが、勝間塾は知のスポーツクラブとうたっていて「経済学、統計学、政治、投資、ビジネスモデル、麻雀(これはやりたい人だけ)」など興味がある分野が多かったので1年は続けてみようと思っています。月々5,000円弱也。

2015年はあと8カ月

毎週ブログ書いて毎月新しいことにチャレンジしていけば、マンネリしなさそうな気がしてきました。

一番怖いのは人生に飽きること。飽きないように楽しんで、シンプルに心地よく生きたい。

まずシンプルにしたいのは、
・食事
・服
・体

食事

食事については、できるだけ外で加工されたものを食べたくない。白米、小麦粉、体に悪そうな添加物を避けたい。おいしさより食べたものが体にどう吸収されて血となり肉となるかを重要視。とはいえ半年くらい本気で粗食で生きてみたらけっこうつらかったので今は「できるだけ」にしています。お惣菜を買う回数を減らしたいので頑張って料理しよう。

服については、さっき「大掃除第2弾2015」を実施し、20着くらい捨てました。買わないように心がけてるのにどうしても増える服。買いたくないのに毎月ZOZOでポチってる記憶が…悲しい。なぜか初夏は毎年大掃除したくなり捨てる気分になるのでどんどん捨てます。たぶん日本で一番早い大掃除をやっています。

これからは白シャツや黒カットソー、デニム、ペンシルスカートなど、100点満点中80点くらいのシンプルな服を着ます。服もレパートリーを少なくして、コーデを考える無駄な時間を減らしたい。マークザッカ―バーグが毎日グレーの同じTシャツ着るのは判断をする回数を減らすためだそうですが、おぼっちゃまくんみたいに同じデザインの高級服が何着もあったとしても、毎日同じ服を着る勇気はないです。もう少しゆるめにしたとしても「フランス人は10着しか服を持たない」みたいに10着に絞るのもムリ。毎日洗濯するのも面倒ですしそこまでやると心地よくないので真似はしませんが、参考にはして、とにかくもっともっとシンプルにします。

最後に体。脂肪を落として栄養つけて、体重とか病気とか風邪とか気にしなくていい、シンプルな体にしたい。実際にここ数年はほとんど風邪ひいてません。健康診断も好成績。それにシンプルな服をかっこよく着ようと思ったら体をたるませないことが一番。体型カバーとか考えなくて済みます。と言いつつ、去年エステに50万も使ったのに太ってきました。(そりゃ当時は粗食で頑張ったもんな…)いくらあってもお金が足りないので、今年はホームケア用のキャビテーションを購入して脂肪を破壊していきます。

先日マッサージに行き、「痩せ理論」を思い出させてくれたのは良かったのですが、施術でいうとマッサージなんて生ぬるいものでは意味がないと思ったので、今年のカラダケアはコストを抑えてホットヨガにしようと思います。とにかく肩が凝って背中がイタイのでどうにかしないと。昔ホットヨガに通って肩凝りが治った実績があるので、通えば治るはず。

1.ホットヨガで懲りをほぐす ⇒NEW!
2.キャビテーションで脂肪を破壊する ⇒NEW!
3.お風呂でリンパマッサージ
4.EMSで筋肉を鍛える

これで体型キープできるはず。

そして、重要なこと。プライベートを充実したうえで仕事を頑張る。

The following two tabs change content below.
Weekdayはコンサルティング会社でWebメディアの記事編集・撮影等を担当。Weakendはよく作品撮りしてます! インスタは毎日更新中! @yocco.post