【映画】LIFE!

【映画】LIFE!

ジェームズ・サーバーの短編小説をノーマン・Z・マクロード監督、ダニー・ケイ主演で映画化した「虹を掴む男」(1947)を、ベン・スティラーの監督・主演で新たに映画化。1936年の創刊から2007年に休刊されるまで、世界で幅広く読まれたアメリカのグラフ誌「LIFE」の写真管理部で働く臆病で不器用な男が、人生変える波乱万丈の旅に出る姿を描く。LIFE誌の写真管理者として毎日地下鉄に乗って通勤し、変化のない日々を過ごすウォルター・ミティ。彼の唯一の楽しみは、むなしい現実から逃避する刺激に満ちた空想をすることだった。そんなある日、LIFE誌の最終号の表紙を飾る大切な写真がないことに気付いたウォルターは、カメラマンを探すため一大決心をして一歩を踏み出す。

スケールが大きいのか小さいのか、始まりの方はよく呑み込めませんでした。

旅を通して、主人公のベンスティラーがどんどんイイ男になっていくという展開なんですが、旅に行くきっかけだったり彼のクセである妄想だったりというストーリーのエッセンスが不思議というか、スマートでなく癖がある感じが、けっこう違和感を感じました。ただ最後まで観るとラストはよかったです。サラリーマンなら感動するはず。

映画評を見ると評価はバラバラ。すごくいい!という人と寝ちゃったという人。これに関しては仕事だったりプライベートだったり自分の人生をどこまでちゃんと向き合って生きているかで、感想が大きくわかれるんじゃないかと思います。

私も今年はできるだけ旅に出ようと思っているので、やっぱり何か一歩踏み出すきっかけとしての「旅」は有意義なんだな、と勝手にいい方向にとらえ満足しました。