みんレポのレポ。

みんレポのレポ。

ドコモインサイトマーケティングが提供している「みんれぽ」というサービスのイベントに参加しました。

みんレポとは?

みんレポ

生活者と企業の「共創」の場。
すごーくざっくりいうと、Facebookに似てます。

詳細はこちら

イベントはスムーズ

みんレポ

開発をご担当した小島賢一さんの司会でスタート。

インテージという調査会社とドコモが一緒に立ち上げた「ドコモインサイトマーケティング」がこのみんレポというサービスをつくったとのこと。

いわゆる企業がマーケティングするために、生活者と直接コミュニケーションをする場だということですが、生活者に「マーケティングしてるよ~」とそこまでハッキリ言い切るサービスも珍しいかも。

もうFacebookやTwitterで企業と生活者が直接コミュニケーションをするのが当たりまえなので、生活者も慣れっこということなんでしょうか。

みんレポの特徴

サービス側がアピールしたい特徴はこちら。

●今の旬の情報がいっぱい!
●ジャンルを絞った表示が可能!
●地図の機能は意外と使えます!
 ⇒現在地周辺で指定した場所で投稿されているレポを見ることができます。

未来会議

これは「みんレポ」を使っているユーザーと、テーマに沿って企業と一緒に自由に話し合いをするマーケティングイベント。

そこから新しい商品ができたのが下記↓

はなまるうどんさんとのタイアップで、「夢のうどん」が商品化

P_20150320_200608

あまり消費者の声を取り入れて商品開発をすることはないそうですが、今回チャレンジしてみたとのこと。おいしそうでしたよ!

詳細はこちら

※テストマーケティング的に、都内3店舗だけの取り扱いなので注意

LOTTEさんとのタイアップ

P_20150320_202036

「上質」という言葉の定義からはじまるような哲学的なところから商品開発をしたそう。

今まで調査会社のアンケートデータや、マジックミラーを通してモニタリングしたりという開発をしていたそうですが、今回はじめて生活者の話を聞きながら開発したとのこと。

案外、生活者の声を聞きながら作ってないものなんですね。

詳細はこちら

ユーザーと一緒に作るって難しいんじゃない?

という司会の徳力さんの質問に対して、

●ロッテさん
・いつも思い込みで作ってる感があるので、お客さん目線をみることできて大きな収穫だった。

・チョコレートとシャルドネって合わないんじゃないか?と思っていたが、お客さんの意見だと社内も通しやすく、生の声を聞くことができてよかった。

●はなまるうどん
・女子大生の検索は画像検索からはじめることを知った。「かわいい + うどん」で検索してた。くるくるうどんというワンハンドで食べられるうどんがあって、それがうけてテストで作ってみたりした。

とのこと。

みんレポの苦悩

現在すでに1年たったサービスですが、今苦労していることは「会員獲得、維持」。

うまく価値をアピールできず、みんながみんレポを使うモチベーションが課題とのことですが、どんなサービスも会員獲得に必死ですよね。。

どうやって使ったらいいかわからない人が多数

これは企業側もわかっているということでした。

私もダウンロードしてこのイベントにのぞんだのですが、何を投稿すればよいかわからず、何も投稿してません…

せっかくなので、私が思ったことをいくつか。

●私のアンドロイドだけなのかなぜか毎度ややこしいログインをしないといけないので、めんどさくなってしまい離脱しがち

●Facebookのように知人もいないので、見知らぬ人の投稿にどう反応していいのかわからない

●ピンタレストやインスタに慣れちゃってるので、タイムラインに流れている写真のクオリティにガマンできない… 

●マーケティングしてるからね!って露骨に言われちゃうと、なんとなく心理的ハードルが高く投稿を身構えてしまう

ワークショップ

同じテーブルのみなさんと、とにかくアイディアを出す、というワークショップを実施しました。

意図としては、みんレポで実施している未来会議を疑似体験する、というものでしたが、「なんでもいいから、とにかくコラボアイディア考えて」というのは何の意味もない気がしました。

過去実施された未来会議を見るとテーマや企業が決まっていて、それをどうするか?というゴールがあるのでアイディアを出すことにも意味があるものだったと思います。今回のワークショップはアイディアを出すことのゴールが全く見えなかったので、誰のために何のため知恵を出せばいいかわからず。。

感想

今、私も仕事で新しいチャレンジに取り組んでいますが、何かを生み出すのはすごく大変なことだと実感しています。幸い、ものごとをゼロベースで考えるすさまじい上司のおかげで、一歩踏み出せる兆しが見えてきました。このみんレポも苦労の末に生みだされたものだと思いますが、ユーザーを獲得したいのなら、もっともっとユーザーに歩み寄る必要があると肌で感じてしまいました。

その他、色々々々・・・思うところがあるサービスだったのですが、ひとつだけいうと、マーケティングしたい企業は多いと思うんですが、マーケティングされたい生活者がどのくらいいるのか、マーケティングに参加したい生活者がどのくらいいるのか、ってところです。

全然関係ないですが、館内のセキュリティチェックが色々と厳しく、さすがだなと思いました。

最後に、お土産ありがとうございました。LOTTEさんとみんレポがコラボして作った「&DARK」おいしかったです!

(ブログパーツはデザインポリシーに反するので貼りません。すみません…)

The following two tabs change content below.
Weekdayはコンサルティング会社でWebメディアの記事編集・撮影等を担当。Weakendはよく作品撮りしてます! インスタは毎日更新中! @yocco.post