できた!【Googleフォトとワードプレス連携】Photo Express for Googleがflickerみたいに使える!

できた!【Googleフォトとワードプレス連携】Photo Express for Googleがflickerみたいに使える!

このブログの写真は、プラグインのFlickerPressを使い投稿画面から、下記のように進めて貼り付けています。

flicker

このボタンをclickすると、

flicker

このように、flickerにアップしておいた写真が表示され、clickする

  

でもflickerってアップロードが遅いし、一気に30枚くらいアップしようとすると途中でエラーが出るし、めんどくさいなぁと思ってて。

さらに1TBまでは無料だけどそれ以降は年間約5万かかるって…現状これだけ写真をアップしててもまだ1%しか使ってないようなので、まだまだ使えるとは思うのですが容量に怯えるのもいやだな、と。数千円ならまだしも5万は高いですよね??

  

そこに、容量無制限のGoogleフォトの登場。

今までデスクトップに溜めこんでいた写真を少しずつGoogleフォトにアップして、バックアップとしてるんですが、「コレ、このままflickerみたいにアップできたらラクじゃない?」とひらめく。

flickerの倍(感覚値)はアップが早いし、一気に100枚突っ込んでも文句言わない。使わない手はない!

探してみたら、Photo Express for Googleというプラグインを発見。

ここにボタンは表示されるのですが・・・エラーの状態

ここにボタンは表示されるのですが・・・エラーの状態

早速入れて設定してみたら、上記のようにボタンは表示されるのですが、その後Response code is 400と表示されるだけで、うんともすんとも(涙)

【後日追記】

ムジログのワッキーに教えてもらって無事にできるようになりました!

  

試してみたのは、表示されるこの設定の通り(英語だけど、簡単だよ)

私はあまり詳しくないのですが、ある程度、色々なプラグイン触ったことある方なら簡単です。

Step 1: Google OAuth Client Details

Since April 2015 it is necessary to authenticate using the OAuth 2.0 protocol in order to access private Google photo albums. Follow the following steps to do so:

1.Go to the Google Developer Console and log in with your Google credentials.

2.Click on “Create Project” to create a new project.

3.Choose a meaningful project name for you. For example “Google Photo WordPress Plugin”. Click on “Create”.

4.Go to “APIs & auth”->”Consent screen” on the left side

5.Choose you E-Mail address and enter a product name, for example “Google Photo WordPress Plugin”, and save the changes.

6.Go to “APIs & auth”->”Credentials”

7.Click on “Create new Client ID”.

8.In the dialog that comes up, choose “Web application”

9.For “Authorized JavaScript origins” enter: http://yocco.co

10.For “Authorized redirect URIs” enter: http://yocco.co/…

11.Enter the generated Client-ID and Client-Secret in the form below and continue with step 2.

  

Google Developer Consoleに進み、言われるままに設定して、Google OAuth client IDとGoogle OAuth client secretを取得し、Google OAuth Settingsに入力したのに、何も起こらない。。

STEP2は簡単で、これを押すだけ↓とあるのにー
許可のリクエスト

【後日追記】

上記まで進んでみて、なぜできなかったかというと、設定画面で連携するGoogleフォトの「メアド」を入れてなかっただけ、でした。ワッキー、教えてくれてありがとう!

▼下記の赤枠にuser nameとあったのでアカウント名を入れてたのですが、ここをメアドに変えたらできました!
Photo Express for Google ‹ yocco — WordPress (1)

▼このとおり!
アルバムを選べば、アルバムに入ってる写真がダーっと表示されるし、個別の写真を選んで「insert」をclickすればflicker連携みたいにクリックすればOK。
投稿の編集

▼これ、GoogleフォトからPICKした写真です。
IMG_2510.JPG

どうやら、flickerの永久無料会員となってるワッキーは一気に100枚写真をアップしてもエラーが出ないらしいのですが、私はやっぱり20枚くらいでエラーがでます。容量が大きいせいもあるのかな?

ツブヤキのつなっこさんは、写真を撮ったらそのままタブレットへ転送し、そこからflickerにアップするという仕組みにしているようです。

私が使っているEOS KISS X7はwifi機能ないけど、そろそろワイヤレスSDHCカード Eyefi Mobi (アイファイ モビ) 使おうかなー。Eyefiクラウド、容量無制限で年間5000円だけど、これは払う価値あると思う。

  

The following two tabs change content below.
Weekdayはコンサルティング会社でWebメディアの記事編集・撮影等を担当。Weakendはよく作品撮りしてます! インスタは毎日更新中! @yocco.post