「手作り化粧品」の世界

「手作り化粧品」の世界

もちろん人並みに化粧品に興味がありますが、「あれもこれも試したい」という欲望はなく、自分の肌に合ったものをずっと使い続けていきたいと思っています。

※後日追記
その後1週間ほど使ってみましたが、ヤバいです。どんなに保湿してもすぐ乾燥する私の肌にうるおいが…!

  

手作り化粧品という世界に到達するまで

IMG_4264

※ご興味がある方のみご覧ください

ポイントは「乾燥」とくすみ。

実は20代前半のころになぜかアトピーに近い肌荒れとなってしまい、皮膚科に通い続け、食生活も改善したのに全く治らなかったという経験があります。そこから色々調べた結果、肌荒れは脂性もしくは乾燥肌のどちらかが原因で、私の場合はひどい乾燥肌だということがわかりました。

アルビオン時代 王道のステップ

そこまでわかると後は簡単。ニキビケアのような化粧品をやめ、アルビオンの「化粧水前の乳液 エクサージュ(約¥5,000)」という保湿をメインとした化粧品を使い始めたらあっという間に真っ赤なガサガサ肌が改善されました。また、みんな大好きスキンコンディショナー(=スキコン 約¥8,000)がないと肌がくすんでしまうので、その後かなり長い間アルビオンのお世話になるのですが、化粧品カウンターに行くのが億劫すぎるのと、高いうえに割引になることが全くないのと、5~6年買い続けてもブランドへのエンゲージメントが高まらず、いつかはやめたいと思っていました。

でも、あれこれ挑戦してまたあのひどい肌状態になるのが怖く、ずるずるとアルビオンとの関係が続きました。

ウィアピシア時代 オールインワン美容液の保湿力がすごい

IMG_4202
そして、30代になり、痩身エステへとお金をつぎ込むようになりました。

するとエルセーヌでウィアピシア(約¥4,000~5,000)という素晴らしい保湿化粧品を薦められ、とうとうアルビオンとお別れしました。ですが、ウィアピシアもそれほど安くなく、エルセーヌか通販でしか買えないですし、パッケージが好みでないという小さいけど大事なポイントで、使い続けたいというモチベーションが高まらず、1年ほどでお別れしました。

アカラン時代 オールインワンジェルで保湿&ラクチン

IMG_4199
ウィアピシアとお別れした理由は、たまたま薬局で見つけたアカラン(約¥4,000)というオールインワンジェルと出逢ったから。薬局でも楽天でも買えるのは魅力的です。超乾燥肌の私はジェルというものはカピカピするイメージだったので避けていました。ですが、@コスメのクチコミをくまなく見て保湿効果も高そう、そしてその時は夏という季節も重なりチャレンジしても良さそうだったので、1つ買ってみたところ、案外よかったんです。

でも、このアカランだけでは足りないことが多いので、真冬についてはアカランの上から無印のホホバオイル→1000円くらいのクリームで蓋をする、という重ね塗りで乗り越えています。

そしてふと気づいたのですが、ホワイトニング系の化粧品を使わなくなったのに、肌がくすまなくなりました。おそらくこれは痩身エステに通った際に、ガラっと変えた食生活のせいだと思います。今まではジャンク大好きでしたし、何も考えずに好きなものを食べていたのですが、今では朝はグリーン&フルーツスムージーですし、野菜が多めの食生活です。食べるものって大事ですね。

  

ですが、このアカランというオールインワンジェル、あっという間に使い切ってしまうので、もう少しなんとかならないかしらと思い、手作り化粧品の世界へと踏み込むことになったのです。

  

手作りオールインワンジェル オリジナルレシピ

IMG_4225

コスパがよく、肌に良いものを。
ついにここまで来てしまった感があるのですが、けっこう楽しいものでした。

材料

 透明ジェル・・・・60g
 精製水 ・・・・・・適量
 ユズセラミド・・・5~10滴
 ハトムギエキス ・・5~10滴
 紫根エキス・・・・2~3滴
 (合計税込 約¥5,600)

それぞれの効果

▼しみ、くすみが気になる  ・・・紫根エキス
IMG_4256

▼保湿・消炎効果、なめらか・うるおいのあるお肌へ・・・ハトムギエキス
IMG_4249

▼皮膚のバリアを高め、敏感肌ケア、うるおいのあるお肌へ・・・ユズセラミド
IMG_4253

できあがり

IMG_4258

上記を混ぜただけなので、2分ほどとあっという間でした。そして、おそらく¥1,000もかかってません。自分の肌に期待する効果があるものをたっぷり入れたのにこのコスパ!

材料費は¥5,000以上かかったのですが、植物エキスについては数滴しか使ってないのであと数年持ちそうな勢いですし(消費期限切れそう…)、ジェルは1/4しか使ってません。

もっちりテクスチャーが好きなので精製水は少なめにし、ジェル多めです。精製水が少し入ることで伸びがよくなる感じ。少しずつ入れて混ぜながら好みのテクスチャーに仕上げたので分量はわからず…

超乾燥肌の私がこのオリジナルオールインワンジェルで真冬を乗り越えられるか、じっくり検証してきますので、後日またレポートします。

※後日1週間後、追記
今までは上記のとおり、色んな層で厚みを作っていたのですが、ジェルだけで過ごせそうなところまできています。せっかくならメーカー推奨のレシピ以上のモノを作って自分好みにしようとして、セラミドとハトムギをさらに倍追加してみたのです。そしたらもうベトベト!(笑)

乾燥肌ではない方はベタつきをものすごく嫌うそうですが、私レベルの砂漠になると、ずっとベタついているということが奇跡。夜ジェルを塗って寝たら朝までベタベタ。そんなことが1週間ほど続くと、肌のうるおいが少しずつ出てきました。もっと続けて再度レポートします!

今回、お世話になったショップはこちら。
肌に合わせて色々選べるので、次はクリームや手作り石鹸にも挑戦してみたいなと企んでおります。
自然化粧品研究所

  

■続編:「手作り化粧品」にハマる

Tags: