和菓子ランキング1位!日本橋長門の久寿もち(くずもち)

和菓子ランキング1位!日本橋長門の久寿もち(くずもち)

先日開催された「東京手みやげ食べくらべ会」で、人気投票ランキング1位を獲得した日本橋長門の久寿もち(くずもち)!(ちなみに、同票1位で黒船どらやきもあります。)

日本橋長門は、300年の歴史がある和菓子屋さん。サイトには、下記のようにあります。

当店長門の始祖は「将軍家徳川吉宗公の代」江戸神田通新石町『須田町際』に菓子商を営んでおりました。以来約三百年の永きにわたり今尚営業を続けさせていただけるのもひとえに皆様のご愛護によるものと深く感謝いたしております。

IMG_0802.JPG

大人気すぎて、夕方には売り切れてしまうということもあるそう。

わらび餅が好きでよく食べるのですが、その感覚で食べたら、ふわっと感がまるで違い、口の中ですぐ溶けちゃいました。

これはホント美味しい!贈り物として、間違いないと言い切れます。

個人的には保存料、防腐剤を使用していないのも嬉しい。ただ、その分日持ちはしないので、賞味期限が2日間なのは贈り先にちゃんと伝えましょうNE。サイトを見ると、通販はちょっと手間がかかりそうなので、お近い方は買いに行った方が良さそうです。

久寿もちと葛もちの違い

どちらもくずもちと読むのですが、「久寿もち」をくずもちと読めませんでした。。

その違いが気になって調べてみましたら、wikiによると、「久寿もちは小麦粉由来」で、「葛もちは葛粉由来」ということのようです。

▼久寿もち

小麦粉デンプンを発酵させて作る久寿餅と本葛から作る葛餅は製法・歴史的経緯含め全く別のものである。関東の久寿餅は小麦粉から精製したデンプンを乳酸菌で発酵させたものであり、独特の風味がある。関東の久寿餅は神奈川県川崎市川崎大師と東京都大田区池上本門寺と東京都江東区亀戸天神社の名物でもある。

▼葛もち

水で溶いた葛粉に砂糖を加え、火にかけ透明感が出るまでよく練る。練りあがったものをバットに流し込み表面をラップで覆い水で冷やして長方形 に切る。好みできな粉や黒蜜をかけて食べる。

なるほど。くずもちというものは、葛粉からできているものとばかり思っていたのですが、こんな違いがあったんですね。

なぜ、久寿もちという漢字なのかについては、「久兵衛さんが作ったから」らしいですよ。はまレポに詳細がありました

和菓子の歴史をたどるのは、手みやげをお渡しするときの小ネタにいいかも♪

日本橋長門 久寿もち

参加者投票ランキングの結果

【同率1位】
久寿もち(日本橋長門・日本橋)10ポイント
黒船どらやき(黒船・自由が丘)10ポイント

【2位】  
かりんとう(ゆしま花月・湯島)8ポイント

【同率3位】
板あめ羽一衣 (Ameya Eitaro・銀座)4ポイント
もなか  (瑞穂・神宮前)4ポイント
あんみつ(あんみつみはし・上野)4ポイント

【4位】
揚げまんじゅう(竹むら・神田須田町)3ポイント

【5位】
利休ふやき(菓匠菊屋・南青山) 2ポイント

The following two tabs change content below.
Weekdayはコンサルティング会社でWebメディアの記事編集・撮影等を担当。Weakendはよく作品撮りしてます! インスタは毎日更新中! @yocco.post