NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボの活動説明会に参加。

NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボの活動説明会に参加。

GWは、ほぼソーシャルデトックスしてました。

さて、プライベートで横浜で活動したくて、過去にいくつか参加してきてるのですが、いまいち心に引っかかるものがなく数年経過。

そんな中、NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボという団体を知り、活動説明会に参加しました。

IMG_9503

説明会の場所は関内にあるシェアオフィス「さくらWORKS」。サイトにあるオフィスの写真がいい感じでおしゃれだったので、外観もおしゃれだと勘違いしてしまい、ビルの前を余裕で素通りしました。(おしゃれが全てではない!)

さくらWORKS 2Fはこんな感じ

IMG_9511

IMG_9515

IMG_9513

IMG_9512

IMG_9514

雰囲気ある雑多感。

NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボの活動について

ざっと。

<進行中プロジェクト>
・クラウドファンディング機能を備えた地域課題解決プラットフォーム「LOCAL GOOD YOKOHAMA」
・独自WEBメディア「ヨコハマ経済新聞」「港北経済新聞」
・シェアオフィス「さくらWORKS<関内>」
・電子工作機器を備えたものづくり工房「FabLab Kannai」
・「横浜の社会起業・ソーシャルビジネス」のリサーチ&サポート
・FMヨコハマとのコラボ事業「Keep Green & Blue」
・アプリやWEBの開発技術を地域に役立てる「Code for YOKOHAMA」
・「オープンデータ」や「データビジュアライズ」の推進
・9/21開催「国際平和映像祭」
・「CSR」に関心がある企業の支援・ネットワーキング

詳細はこちら

これから・・・

今回、お話を聞いてはじめてビビっときました。

どれも興味があるのですが、一番気になる「ヨコハマ経済新聞」「港北経済新聞」に参加したいと表明し、来週打ち合わせさせていただくことに!

仕事でもなく、家庭でもなく(独身ですが)、趣味でもない、「何か」をしたい気持ちがなんなのか自分でもよくわからなかったのですが、それはNPOとかプロボノみたいなことだったのか、と我ながら驚いてます。NPOって今までの私の人生では、全く気にもとめなかったし、まさか自分が活動したくなるとはこれっぽっちも考えてませんでした。

毎年1つずつ年を取って数字が増えていくのは嫌だけど、年齢を重ねると面白いことに出逢う機会が多くなって楽しい。よく、大人になると友達ができにくいとか、会社と家の往復だけとかでつまらない、ということも聞きますが、そういう人はなんだかんだつまらない人生を愛してるんだと思います。私も人生の冬眠を迎える時期がよくあり、その時は会社と家の往復だけをしたいんです。誰とも会わないし出歩かない。それが心地いいんです。

でも数か月すると人生の春が来て、外に出たくなって、色々なことをしはじめます。オトナだから色んな知恵もついてるし、若いころとは違う動き方ができて、アタリも多くなる=楽しい。

私の場合は今年の1月から何かと動き回ってるのですが、きっかけは転職でした。色々悩んで人生相談カウンセリングみたいなものも受けたりして、思考のクセを知って、できるだけ自分の気持ちに正直に生きようと思った結果が今。今のところいい感じですが、まだまだ人生は長いので気を引き締めてこれからも精進します。

おまけ:市役所前の花が綺麗でした

横浜市の花はローズなんですって。
IMG_9491

IMG_9497

IMG_9502

10代のころはよく関内、桜木町あたりをうろうろしていて、甘いのとか甘酸っぱいのとか激辛な思い出が多くて、ここらへんはいまだにきゅうっと胸が締め付けられる街なんです。ぜんぜん嫌な感じじゃなくて、この街がまだ近くにあることが私にとっては奇跡。

だから今後も横浜と関わっていきたいな、と。

The following two tabs change content below.
Weekdayはコンサルティング会社でWebメディアの記事編集・撮影等を担当。Weakendはよく作品撮りしてます! インスタは毎日更新中! @yocco.post